認定こども園とは…

 平成27年4月から始まった「子ども・子育て支援新制度」では、幼稚園や保育所、認定こども園を利用する場合、保護者の方が教育・保育の必要性に応じて認定(支給認定)を受けることが必要です。

◎幼稚園の中に保育機能施設(保育園・保育所)を設置しています。

◎教育と保育を一体的に行う施設。

 ・保護者が働いていても、いなくても利用できます。

 ・『子育て支援の場』もあります。

 ・当園は特別な支援を要するお子さんへの保育も応談の上、対応します。

◎利用手続き

・1号認定…満3歳以上の保護者が就労していなくて保育できる子ども。

・2号認定…満3歳以上で保護者の就労や疾病などにより保育が必要な子ども。

・3号認定…満3歳未満で保護者の就労や疾病などにより保育が必要な子ども。

 ※1号認定は、幼稚園にて利用手続きをして下さい。

 ※2号・3号認定は、市役所にて利用手続きをして下さい。

◎保育料

 令和元年10月より、1号認定の満3歳児と3~5歳児までは、無償化  となりました。それ以外のお子さんは「所得に応じて市町村が定める額」 となります。

 ※2号・3号認定は、保育が必要な時間により、2つの区分に分けられます。

  ・「保育標準時間(11時間)」(フルタイム就労)

  ・「保育短時間(8時間)」(パートタイム就労)

◎多子世帯の保育料の軽減

 兄弟で利用する場合、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は無料となります。